内科、神経内科、循環器内科 の診察時間

 
午前9:00-12:00  
午後5:00-7:00      
午後2:00-4:00(第2,4週)            
 

 

  受け付けは、診療開始の30分前から行っています。 

第2、4週の木曜日は、循環器専門医(船本医師)による診察です(しばらくの間お休みとします)。

休診日は、日曜祝祭日、年末年始です。

 

◎ 診・各種予防接種

◎プラセンタ注射

禁煙外来

◎ 往診・訪問診療

新しい創傷治療(ラップ療法)

●できる検査

胸部・腹部レントゲン

心電図

ホルター心電図(24時間連続しての心電図)

脈波(血管年齢や動脈硬化の度合いが分かります)

スパイロメトリー(肺の呼吸機能が分かります)

睡眠ポリグラフ検査(睡眠時無呼吸症候群の検査です)

頸動脈エコー(頸動脈の動脈硬化性変化が分かります)

腹部エコー

神経学的検査(脳・末梢神経の働きをいろいろな動作を通して判断します)

骨密度(骨粗鬆症の治療に役立つ検査です)

●できない検査

MRI・CT検査

胃カメラ・大腸ファイバー

神経内科って、どんな病気を診るの?

●私が診察する神経内科領域の病名を挙げると、頭痛認知症、パーキンソン病、脳卒中、神経や筋肉の難病、顔面神経麻痺、末梢神経障害等となります。

●来院される患者様の訴えとしましては、頭痛はもちろん、最近物忘れが激しい・行動がおかしいと御家族がおっしゃられる場合もあれば、最近動きが遅くなった、歩きにくくなって困ると相談される方もおられます。また、どんどん筋肉がやせてきたと訴えられる方もおられます。さらには、突然・急に足や手が動かなくなったり、しゃべりにくくなったとおっしゃられる患者様もおられます。なかには、食べ物や飲み物が飲み込みにくくなったということで来院される方もおられます。

神経学的検査MRI・CT(よその病院に依頼して、検査してもらうことになりますが)を参考にして診断をつけ、治療等につなげていきます。

●神経内科領域の患者様の中には、病気の性質上、御自分で自立した生活が送り難い方もおられます。そういう患者様に対しては、病気のサポートだけではなく、障害・福祉介護面での介入も必要なため、それらの分野への橋渡し的な役割を果たすことが多いのも特徴です。また、病気の性質上、通院困難になられる患者様には、往診・訪問診療で対応していくことも多いです。